« 「精神科学と社会問題」が刊行されます | トップページ | 「精神科学と社会問題」の電子版はまもなく発売される予定です »

2010年5月 1日 (土)

ルドルフ・シュタイナイー著「精神科学と社会問題」が復刊されました

幽霊本復活プロジェクト、第4弾! 「精神科学と社会問題」が復刊されました。昨日、見本ができました。

Img2010050101

「精神科学と社会問題」 ルドルフ・シュタイナー著 河西善治編
発行 みくに出版 定価2100円  ISBN978-4-8403-0402-3 C3010 A5判ソフトカバー 117ページ

これから書籍取次会社に登録するので、amazonや書店で注文できるようになるのは、5月10日過ぎになる予定です。
発行元のみくに出版のサイトでは、注文が可能です。こちらでは連休明けには発送できます。
http://www.mikuni-webshop.com/mikuni2006/7.1/84030402/
1986年に人智学出版社より刊行された本書は、シュタイナーの社会問題に対する論考を集めたもので、内容的にも大変貴重なものです。ご期待ください。

引き続き、第5弾を準備中です!

|

« 「精神科学と社会問題」が刊行されます | トップページ | 「精神科学と社会問題」の電子版はまもなく発売される予定です »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

シュタイナー」カテゴリの記事

人智学」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
オーディオブックというのは、日本ではあんまり盛んではないですが、アメリカ、ヨーロッパでは人気があるようで。日本ではどうしても「朗読」になってしまいますが、もっと実用的なものだそうですね。

オーディオブックは、翻訳ということを考えたら、元の声(音声・ナレーション)は使わないので、原著の翻訳権だけをとればいいのではないでしょうか。すでに翻訳されているものであれば、翻訳者の承諾もあわせて必要ではないかと。

たとえば、源氏物語、夏目漱石などのオーディオブックは自由に作れるんじゃないでしょうか。

投稿: 幽霊本編集者 | 2010年5月12日 (水) 08時37分

おお、すすんでいますね。

ところで、これはトピズレかもしれませんが、ドイツではシュタイナーのオーディオブックがいっぱいあるんです。私も、医学のCDをMP3プレーヤーにいれて聞いています。

権利関係、どうなっているのか気になりますが、ぜひクリアーして、日本でもいろんな訳を音として活かしたいです!

Steiner Hoeren(シュタイナーを耳から(仮))
http://www.steiner-hoeren.de/

投稿: Yukiko | 2010年5月11日 (火) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルドルフ・シュタイナイー著「精神科学と社会問題」が復刊されました:

« 「精神科学と社会問題」が刊行されます | トップページ | 「精神科学と社会問題」の電子版はまもなく発売される予定です »