« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年10月

2010年10月29日 (金)

「□いアタマを○くする。Classics」カードブック、電子書籍で販売開始

電車内ポスターで知られている日能研の「□いアタマを○くする。」シリーズ。実は1986年からスタートしています。
その初期のころのポスターから厳選した64枚を集めて電子書籍が誕生しました。

「□いアタマを○くする。Classics」です。

Ad01

iPad、iPhone用の電子書籍として、AppStore内の「BookGate」で販売しています。
20年以上前に受験をした人、そのころ電車のなかで頭を悩ませた人、懐かしい気持ちとともに「アタマを○くする」ことができますよ!! ぜひご覧ください。

「□いアタマを○くする。 Classics」
国語、算数、社会、理科 各16校分 合計64校分の問題を収録
価格 
350円(税込)
発売 みくに出版
この電子書籍は、1992年に発行された「□いアタマを○くする。 カードブック」を復刊したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

R.シュタイナー復刊本のリスト、PDFファイルを載せました

前の記事で、R.シュタイナーの復刊書籍のリストをアップしましたが、少し見にくいのでPDFファイルをダウンロードできるようにしました。

こちらからダウンロードできます。
購入可能なサイトへのリンクも貼ってあります。見本をご覧になりたいときは、販売サイトの商品説明画面で見ることができます。
ぜひ、ご利用ください。

84030395_4 84030396_2 84030397_2

2010101501_3 Img2010073105_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

R.シュタイナー幽霊本、復刊リストを公開します!

幽霊本復活プロジェクトでは、これまでに5冊の本を復刊してきました。

今日は、これまでの5冊を一覧できる表を作りましたので、ご紹介します。といって、こんなことはとっくにしておかなければいけなかったのですが、ココログで表をどうやって作るのか? どんな形がいいのか? などを考えながらサボっていました。。。

すべて、1980年代にたくさんのシュタイナー関連書籍を発行した人智学出版社の書籍の復刊です。最近では、ほとんど手に入らなくなっていた本もあります。
ぜひ、活用していただければと思います。

本の詳しい内容は、書名下のリンクをクリックしてください。
電子版では、電子書店パピレス、印刷版では、版元のみくに出版にリンクしています。どちらも見本を見られるのでぜひ試してください。
(shiftキーを押しながら、リンクをクリックすると別画面で開きますよ! windowsの場合)

                                    *価格はすべて税込です。
                                    *価格の上段は電子版、下段は印刷版です。

    

書 名    編訳者

内 容

定価

(税込)

いかにカルマは作用するか

新田義之/訳

電子版購入はこちらへ

印刷版購入はこちらへ

1903年に執筆した「霊魂の再受肉とカルマ」「いかにカルマが作用するか」の2編を訳出したものです。

630

1575円)

人智学・神秘主義・仏教

新田義之/編

電子版購入はこちらへ

印刷版購入はこちらへ

1923年に執筆した三つの小論からなる「人智学と神秘主義の相違」(味形修訳)191011年にかけてベルリンで行われた連続講演の第13回にあたる「仏陀」(新田義之訳)2編で構成されています。

672

1680円)

精神科学から見た子供の教育

新田義之/監修 大西そよ子/訳

電子版購入はこちらへ

印刷版購入こちらへ

最重要なシュタイナー教育学文献の一つに数えられており、ヴァルドルフ学校教育に興味を持つ人達にまず最初にすすめられる本。

588

1470円)

精神科学と社会問題

河西善治/編

電子版購入はこちらへ

印刷版購入はこちらへ

ルドルフ・シュタイナーの「社会問題」に関する論文集。「他者のための労働」と「労働と収入の分離」の原則や「社会有機体の三層化」などシュタイナーの社会思想を知るためには貴重な資料となります。

840

2100円)

マルコ伝

新田義之/監修 市村温司/訳

電子版購入はこちらへ

印刷版購入はこちらへ

R.シュタイナーによる福音書解釈のなかでもとくに出色のものと言われています。

これまで長く翻訳では読むことのできなかった作品です。

2520円(6300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »