日記・コラム・つぶやき

2011年11月25日 (金)

3.11をふりかえる 「未来をつくるBOOK」を紹介します。

ずいぶんと更新が滞っておりました。ふたたび、少しずつ続けようと思っています。

3.11をふりかえり、語り合うための本つくりを、お手伝いしました。「仕事」という面もありましたが、3月以来、自分は何をしたらいいのだろうと考えるなかで、自分の携わっている仕事をとおして役に立つことが大切だと思い、制作チームに加わりました。

『東日本大震災をふりかえり、今を見つめ、対話する 未来をつくるBOOK』です。
11月24日より発売が始まりましたので、こちらでも紹介します。

くわしい内容紹介は、発行元のESD-Jのホームページをご覧ください。全体は10章で構成されていますが、最初の章のサンプルを電子書籍(風)に作ってみました。


(画面の右上をクリックすると全画面表示になるので、読みやすくなります)

この本をきっかけに、多くの子どもと多くの大人が東日本大震災の体験と未来について語り合ってほしいなと思います。

対象:小学校5年生以上のすべての人たち
A4判56頁 定価700円 (税込)
発行:認定NPO法人 持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
発売:みくに出版
http://mikuni-webshop.com/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

おやこでさんすう 低学年の算数のつまづきがわかる

「キッズレーダー」は、日能研が発行する小学低学年保護者のための教育情報誌です。毎月1日に発行、日能研の各教室や大きな本屋さんなどで配布しています。
いま電子化、web対応をいろいろ準備していていますが、8月号の特集を電子書籍化したのでご紹介します。
8月号の特集は、小学低学年の算数のハードルをお伝えしています。引き算の意味、九九でのつまづき、分離量と連続量、、、 大人のみなさんにも楽しめると思います。
それからコラムでは、こちらのブログでもお世話になっているフォーラムスリー様、石川華代様のサイトを紹介しています。
フォーラムスリー  http://www.forum3.com/
石川華代さん    http://ameblo.jp/e-waldorf/
「キッズレーダー」は日能研の教室、大きな本屋さんなどで配布しています。詳しくはこちらをご覧ください。
フェイスブックページもあるので、ぜひお立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

復刊ドットコムの10年

3月21日の日経新聞読書面に「復刊文化、出版界に定着 復刊ドットコムの10年」というコラムが掲載されていました。
「絶版や品切れで手に入らない本の復刊リクエストをインターネットで受け付ける」という新しいビジネスを作り出した復刊ドットコムは2000年にスタートして、10年間で5000点! の復刊を果たしたそうです。
このサイト、イメージとしてはこじんまりとした、ボランティア的なものですが、実はもともとは書籍取次大手日販の子会社で、現在は日販とも提携関係のあるTSUTAYAで有名なカルチュア・コンビニエンス・クラブが運営しています。出版界においては、大会社です。

読者がいるのに本が手に入らないという状況をなんとかしたい! という、いたって普通の気持ちからスタートしている点で、私たちの「幽霊本復活PJ」と基本的なスタンスは近いと思うので共感しつつ、参考にもさせていただいています。
実際、昨年復刊した「いかにカルマは作用するか」「精神科学から見た子どもの教育」「人智学・神秘主義・仏教」の3点も、復刊ドットコムでのリクエストのあった本ですし、同サイトを見ると、みくに出版より復刊されたことが明記されています。

「復刊ドットコム」と「幽霊本復活プロジェクト」。規模はまったく違いますが、硬直化した出版界の趨勢に流されないという点では、同じかなと思います。こちらは、もっとゲリラ的にやっていくつもりですが。。。
復刊ドットコム10年という記事を見て、こちらも10年スパンの展望を考えながら進まねばと心新たにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)